サブメニュー

中古車でも使えるマイカーローン

金融機関で利用をするマイカーローンの多くは、新車だけではなく、中古車での利用にも対応をしています。中古車でも問題なく購入が出来るようになっており、もちろん中古車だからと言って金利が高くなるなど、不利な条件での借り入れとなるわけでもありません。

 

 

一部の販売店でのローンの場合には、中古車でローン利用をすると金利が高くなってしまったり、何かと不利な条件を突きつけられるケースも少なくありません。やはり新車を売りたい、ローン契約によっては車の所有権がローン完済までは販売店やローン会社にあるため、価値の下がる中古車の場合にはいくらか金利を高くとりざるを得ないためです。

 

中古車をローンで買いたいと考える方は、販売店ではなく金融機関のマイカーローンを利用するようにしましょう。

 

年収とマイカーローンとの関係

マイカーローンでは、申込者の年収はとても重要です。例えば年収300万円の人がローンに申込んだ際に返済総額200万円の場合は、申込者の返済能力不足と判断されます。一般的なキャッシング審査などの場合なら、300万円の年収の人が返済能力不足で審査落ちすることはまずあり得ません。審査で大手企業や公務員などの安定した職業に就いている人が有利なのは、一般的なフリーローンよりも審査で収入の項目の重要度が高いからです。

 

では年収300万円の人はどの位の融資額なら受けられるでしょうか。毎月無理なく安定して計画的に返済できる額の目安として、年収の半分程度が想定されています。つまり年収300万円の場合なら150万円程度の借入額ならマイカーローンを組むことが可能です。

 

但し1つ注意すべき点があります。利用者の他のローンと合わせて年収の50%以内に収める必要があるのです。もし既にいくつか他のローンを抱えている場合は、その分を差し引いて計算するので、実際にマイカーローンで借入できる額は低くなります。

 

最近の自動車購入の傾向としては、昔のバブル時代の頃のようにステータスシンボル的に高級車を購入する人は少なくなって、実用性が高くリーズナブルな車を堅実に選ぶ人が多くなりました。経済性が高くて低価格の車なら、収入が多くない人でも年収に見合った額を借入すればマイカーローンを上手に活用できます。

 

マイカーローンも借金ですので、利用の際にはよく考えなければなりません。返済を考慮して借りる必要もありますので、しっかりとしたマイカーローンの比較を行い、決められない場合にはマイカーローンおすすめランキングも参考にしながら、自分に合うローンを選ぶようにしましょう。

 

マイカーローン審査に落ちる理由

マイカーローンに申し込む前の下準備は、どの様に行うのが良いでしょうか。サービスのご利用では、審査が待っているはずで、それをクリアすることで、融資の提供を受けられます。よって、審査時のポイントを知る事が、申し込み前の下準備になるでしょう。

 

マイカーローン審査について知るには、審査に落選する原因を確認するのが一番です。審査に落選する人はたとえば信用情報に難があります。賃金企業は申し込み者の信用情報を重視しており、そこから相手の返済能力を判断します。信用情報と呼ばれる情報には、マイナス内容を多く含みます。

 

賃金企業が嫌う相手はやはり、借り入れ金の返済をきちんと行わない人でしょう。返済期日を守らない人は、企業からの信頼を失くします。返済期日を2か月程度オーバーすれば、その情報が信用情報機関に記録されるでしょう。信用情報は多くの企業が照会しているため、新規の借り入れを他の企業に求める場合でも、その実現が難しくなります。

 

マイカーローンの審査に落選する人は、他企業での借り入れ時に、信用情報に傷をつけるような行為をした事が、原因であるかもしれません。信用情報の記録期間は5年から10年程度ですので、それが過ぎるまでマイカーローンの実現が極めて難しいでしょう。

 

まずは金融機関のマイカーローンの仮審査から始めてみるとよいので、手軽にネットで受けられるマイカーローン仮審査を申し込んでみましょう。